タグ ' 遺言書 '

【終了】【第4回】「成年後見制度」概要と争わないための「遺言書」とは

「相続診断士」フォローアップ勉強会のご案内 フォローアップ勉強会を相続診断協会と共催で実施します。 第4回は、「成年後見制度」の入門編として、制度の概要と上手な …続きを読む

知っておきたい遺言書の基礎知識

遺言書についての基礎知識をご紹介いたします

【遺言書】遺言の撤回

遺言書を作成してみたものの、その後の心情の変化や諸事情の変化により、変更したい若しくは撤回したいと思うことがあるかと思います。 あるいは、相続人(受遺者)が先に …続きを読む

【遺言書】遺言者より先に相続人等が亡くなった場合

遺言者より先に、財産の受取人に指定されていた相続人等が亡くなってしまった場合、遺言の効力はどうなるのでしょうか? 例えば、財産を妻に相続させる遺言を作成していて …続きを読む

【遺言書】秘密証書遺言

秘密証書遺言とは、 遺言者が自分で作成した遺言書を封筒に入れ封をし、公証役場において公証人及び証人2人の前で、自分の遺言書である旨等を申述することにより作成され …続きを読む

【遺言書】自筆証書遺言

自筆証書遺言とは、遺言者が「遺言書の全文・日付・氏名を自書し(※)、これに押印する」ことにより作成される遺言です。 自筆証書遺言は筆記用具と紙・印鑑があれば、い …続きを読む

【遺言書】公正証書遺言

公正証書遺言とは、遺言者が、公証役場で公証人に作成してもらう遺言のことです。  公証人とは、長年、裁判官・検察官等の法律事務に携わってきた法律の専門家であり、豊 …続きを読む

【遺言書】法定相続分に反する遺言は有効か?

遺言者は遺言により自己の財産を自由に処分することができます。遺言は、法定相続分に優先されますので、法定相続分に反した遺言も有効となります。では、「遺留分」を侵害 …続きを読む

【遺言書】遺言のすすめ

相続争いにより子供・兄弟がバラバラになってしまって・・・なんて話を聞いたことがないでしょうか? 相続対策において、遺産分けで揉めないようにすることは最重要課題と …続きを読む

【相続の基礎知識】内縁の妻は相続できるか?

婚姻の届出をしていない、いわゆる内縁の妻は、法律上の配偶者ではありませんので、相続権はありません。相続人となる配偶者とは、戸籍法に定める届出、すなわち婚姻届が提 …続きを読む

12
無料で相談を承ります。お客様に応じた適切な支援プランをご提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。お電話によるお問い合わせは電話番号053-448-5505まで。お問い合わせフォームはこちら
無料で相談を承ります。お客様に応じた適切な支援プランをご提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。お電話によるお問い合わせは電話番号053-448-5505まで。お問い合わせフォームはこちら 0534485505 お問い合わせフォーム