【遺言書】自筆証書遺言

自筆証書遺言とは、遺言者が「遺言書の全文・日付・氏名を自書し(※)、これに押印する」ことにより作成される遺言です。

自筆証書遺言は筆記用具と紙・印鑑があれば、いつでも作成することができ、費用もかからないため最も簡単に作成することができる遺言です。


※財産目録について
民法改正に伴い、平成31年1月13日より遺言書に「自書によらない財産目録を添付」することが可能となりました。(自筆証書遺言の方式を緩和)
例えば、パソコンで作成した目録や通帳のコピー等に署名押印することで添付できます。

ただし、要件を満たしていない自筆証書遺言は無効となってしまう可能性があるほか、紛失・改ざんのリスクもあり、また、死後に家庭裁判所の検認手続が必要となる等デメリットもあります。

自筆証書遺言を作成するにあたっては、事前に専門家に相談されることをお薦めします。



浜松・湖西・磐田・袋井等の静岡県西部地域の方、愛知県東部地域の方、相続について何かお困りの方、相続無料相談(面談)をぜひご利用ください

相続無料相談受付中

無料で相談を承ります。お客様に応じた適切な支援プランをご提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。お電話によるお問い合わせは電話番号053-448-5505まで。お問い合わせフォームはこちら
無料で相談を承ります。お客様に応じた適切な支援プランをご提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。お電話によるお問い合わせは電話番号053-448-5505まで。お問い合わせフォームはこちら 0534485505 お問い合わせフォーム