【相続税の手続き】相続税のかからない財産

相続税は、亡くなった人から財産を相続または遺贈によってもらった場合に課税されます。

ただし、全ての財産に課税されるわけではありません。社会政策的な見地・国民感情に対する配慮などから、一定の財産については非課税財産として、相続税がかからない仕組みとなっています。

相続税がかからない財産のうち主なものを掲げると、次のとおりです。

1.墓地や墓石、仏壇や仏具など日常礼拝をしている物
2.相続人が受け取った生命保険金で、500万円に法定相続人の数を掛けた金額までの部分
3.相続人が受け取った退職手当金で、500万円に法定相続人の数を掛けた金額までの部分
4.相続財産のうち国等に対して、寄附したもの

このように相続税の計算上、相続税がかからない資産や法定相続人の数の把握が必要となります。

 

突然相続が開始し、各手続や納税資金の準備などに追われることがないように今のうちに準備をしておきましょう!

ご相談等ございましたら、ぜひ専門家をご活用ください!

浜松・湖西・磐田・袋井等の静岡県西部地域の方、愛知県東部地域の方、相続について何かお困りの方、相続無料相談(面談)をぜひご利用ください

相続無料相談受付中


無料で相談を承ります。お客様に応じた適切な支援プランをご提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。お電話によるお問い合わせは電話番号053-448-5505まで。お問い合わせフォームはこちら
無料で相談を承ります。お客様に応じた適切な支援プランをご提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。お電話によるお問い合わせは電話番号053-448-5505まで。お問い合わせフォームはこちら 0534485505 お問い合わせフォーム