ケースで異なる相続税の手続き

相続税の手続きについてご紹介いたします

【相続税の手続き】相続税がかかる場合

相続税は、相続によって取得した財産の価額を基礎として下記の算式により計算される課税価格が、基礎控除額を超える場合にその超える部分に課税されます。  …

【相続税の手続き】相続税のかからない財産

相続税は、亡くなった人から財産を相続または遺贈によってもらった場合に課税されます。 ただし、全ての財産に課税されるわけではありません。社会政策的な見地 …

【相続税の手続き】相続開始前3年以内の贈与の取扱い

相続税の計算において、相続開始前の生前贈与については注意が必要となります。相続で財産をもらった人が、その相続開始前3年以内に、亡くなった人から贈与して …

【相続税の手続き】遺産が未分割の場合の相続税の申告

相続税の申告及び納付は、亡くなったことを知った日から10ケ月以内に行わなければなりません。これは、遺産分けについての話し合いがまとまらず、遺産分割協議 …

【相続税の手続き】みなし相続財産

相続税は、亡くなった人から財産を相続または遺贈によってもらった場合に課税されます。この場合の財産とは、土地や建物、現金預金や上場株式などに代表されるよ …

【相続税の手続き】相続財産から控除できる債務等

相続税は、亡くなった人が残してくれた遺産の総額を基礎に計算されます。 その際、借入金などの債務があった場合は、その金額を遺産の総額から控除することがで …

【相続税の手続き】相続税の2割加算が行われる場合

相続によって財産をもらった人が、亡くなった人の配偶者か一親等の血族でないときは、通常の場合の相続税の2割増しの相続税がかかります。 例えば、孫は一親等 …

無料で相談を承ります。お客様に応じた適切な支援プランをご提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。お電話によるお問い合わせは電話番号053-448-5505まで。お問い合わせフォームはこちら
無料で相談を承ります。お客様に応じた適切な支援プランをご提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。お電話によるお問い合わせは電話番号053-448-5505まで。お問い合わせフォームはこちら 0534485505 お問い合わせフォーム