【相続税対策】養子縁組を検討する

相続税の基礎控除は現在「3,000万円+600万円×法定相続人の数」となっています。

算式を見てお分かりかと思いますが、法定相続人の数が多いほど基礎控除額が増える仕組みとなっています。

そこで、相続税の節税対策として、養子縁組を活用することで、法定相続人の数を増やす方法があります。ただし、養子だからといって無制限にこれを認めてしまうと、行きすぎた節税策となってしまうため、相続税の計算においては、法定相続人の数に含める養子の数は下記のように制限されています。

1.亡くなった方に、実の子供がいる場合 ・・・1人まで
2.亡くなった方に、実の子供がいない場合・・・2人まで

また、節税対策以前に、養子制度は本来、家族制度の柱の一つです。養子縁組をすることで他の相続人の感情を害したり、争族に巻き込まれたりすることもあります。 節税対策といって安易な利用を考えず、事前に慎重な検討を行ってください。

浜松・湖西・磐田・袋井等の静岡県西部地域の方、愛知県東部地域の方、相続について何かお困りの方、相続無料相談(面談)をぜひご利用ください

相続無料相談受付中


無料で相談を承ります。お客様に応じた適切な支援プランをご提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。お電話によるお問い合わせは電話番号053-448-5505まで。お問い合わせフォームはこちら
無料で相談を承ります。お客様に応じた適切な支援プランをご提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。お電話によるお問い合わせは電話番号053-448-5505まで。お問い合わせフォームはこちら 0534485505 お問い合わせフォーム