【相続の基礎知識】直系尊属と直系卑属

相続にまつわる話のなかで「直系尊属」「直系卑属」という言葉をよく耳にします。
この「直系尊属」と「直系卑属」ですが、似て非なるものであり、具体的には下記のような違いがあります。

 

【直系尊属】・・・自分より前の世代で、直線的に連なる系統の親族をいいます。
具体的には、父母・祖父母などが該当し、叔父・叔母、配偶者の父母などは含まれません。

【直系卑属】・・・自分より後の世代で、直線的に連なる系統の親族をいいます。
具体的には、子・孫・曾孫などが該当し、甥・姪などは含まれません。

 

ちなみに、「直系血族」というと直系尊属と直系卑属をあわせたものをいいます。

 

 

浜松・湖西・磐田・袋井等の静岡県西部地域の方、愛知県東部地域の方、相続について何かお困りの方、相続無料相談(面談)をぜひご利用ください

相続無料相談受付中


無料で相談を承ります。お客様に応じた適切な支援プランをご提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。お電話によるお問い合わせは電話番号053-448-5505まで。お問い合わせフォームはこちら
無料で相談を承ります。お客様に応じた適切な支援プランをご提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。お電話によるお問い合わせは電話番号053-448-5505まで。お問い合わせフォームはこちら 0534485505 お問い合わせフォーム