新地方公会計制度導入・運用支援業務

新地方公会計制度新地方公会計の制度導入に伴い、自治体様におかれましては、既にいずれかのモデルで取り組みがなされていることと思います。ヤマダ会計では、『基準モデル』の導入支援、運用コンサルティング、『総務省改訂モデル』、一部事務組合や広域連合の財務書類作成等、公会計に関わる業務の幅広い支援サービスを提供いたします。

導入支援業務

導入支援

公会計制度は全庁で取り組み、意識するところから始まります。とりわけ『基準モデル』作成にあたっては、固定資産の定義など必要情報を共有することが重要となります。導入にあたっての勉強会等のプログラムを含めた概略フローをご案内いたします。

運用支援業務

運用支援

『基準モデル』の導入後、各業務が一つのサイクルになるように運用していくことが要です。ヤマダ会計グループでは、この運用サイクルを円滑にするためのトータル・サポート・サービスをご提供いたします。

公会計 財務指標分析

聴診器

財務書類の作成は、いわゆる健康診断での採血だったり、レントゲンを撮ったり、血圧を測ったりする作業のようなものでしょう。検査結果(財務指標)をもとに、診断し、事後の健康管理(対策)に活用していきます。

無料で相談を承ります。お客様に応じた適切な支援プランをご提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。お電話によるお問い合わせは電話番号053-448-5505まで。お問い合わせフォームはこちら
無料で相談を承ります。お客様に応じた適切な支援プランをご提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。お電話によるお問い合わせは電話番号053-448-5505まで。お問い合わせフォームはこちら 0534485505 お問い合わせフォーム