公会計 財務指標分析

公会計 財務指標分析

聴診器

財務指標分析は、人に例えると「健康診断」だといえます。
財務書類の作成は、採血やレントゲン撮影、血圧測定などの検査のようなものでしょう。

その検査から導き出される数値(=財務指標)が、自治体の血糖値や中性脂肪値を表しています。

そして、検査結果(財務指標)をもとに「健康状態」を把握し、再検査・診断(活用)を行い、健康管理」(対策)をしていきます。

公会計 財務指標分析の位置づけ

財務指標分析の位置づけ

 

民間企業も決算を通じて、「企業の財務書類作成(検査)⇒ 財務診断」を行います。
長年培われた各種分析指標を用いて、会社の強み・弱み、経営体力等を分析・診断して、課題の把握、改善計画などへと有効に活用しています。

地方公会計制度においても、地方公共団体の実情を鑑みた財務指標が用意されており、その財務指標に基づき分析診断することで、より現実的な姿を示してくれます。
適切に作成された財務書類等から財務指標分析・診断を行い、まずは、現状把握しましょう。

 

財務指標分析見本

 

ヤマダ会計では、財務書類等の作成にあわせ、『財務指標分析もご提供』いたします。
指標分析は会計的な観点からの分析となりますので、金額情報である財務書類等をわかり易くすることができます。また、公会計の活用に向けての前段としてもご利用ください。

無料で相談を承ります。お客様に応じた適切な支援プランをご提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。お電話によるお問い合わせは電話番号053-448-5505まで。お問い合わせフォームはこちら
無料で相談を承ります。お客様に応じた適切な支援プランをご提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。お電話によるお問い合わせは電話番号053-448-5505まで。お問い合わせフォームはこちら 0534485505 お問い合わせフォーム