経営計画・事業計画が必要な6つの場面

戦略的な経営計画と管理会計で成果をあげる!

経営計画・事業計画とは

経営計画01経営計画・事業計画とは、目的に沿って定めた「あるべき姿」を実現するための道筋、指針です。
未来の「あるべき姿」と「現在の姿」とを比較したとき、何らかの課題があるはずです。それらの課題は、今後、実行すべき行動計画のもととなり、課題を解決することで「あるべき姿」に近付くのです。

 

ヤマダ会計が掲げる経営計画・事業計画を作成する下記6つの目的から、あなたが今抱える課題やお悩みと合うものをお選びください。


【1】収益増加、社員の意欲向上をはかりたい

収益増加

経営改善の基本は、「今より良くする」こと。経営改善計画を作成することで、具体的な目標や方針を明確にしましょう。情報開示・コスト削減、さらに人材育成の道にも繋がります。

【2】融資を受けたい、リスケがしたい

融資

金融機関等への融資の申し込みや返済期間の延長をして返済計画の変更を行う(リスケ)際、経営計画書を作成することで、なぜ融資やリスケが必要なのか説明する資料となります。

【3】起業・創業、会社設立がしたい

起業創業

経済環境が不安定な昨今、無計画で起業・創業することほどリスクが高いものはありません。経営計画を作成し、明確な目標を持って会社やお店をスタートすることができます。

【4】事業承継・社長交代を考えている

事業承継

スムーズな事業承継・社長交代には経営計画が必要です。現社長は後継者育成のための長期計画を、後継経営者にはご自身が主体となった中期経営計画を作成しましょう。 

【5】助成金・補助金の申請・獲得がしたい

助成金

事業資金調達のための補助金や助成金を獲得する際、提出が求められるのが経営計画や事業計画です。実行力のある経営計画を作成してアピールしましょう。

【6】経営革新計画にチャレンジしたい

経営革新

経営革新や新事業による経営の向上にチャレンジする中小企業のために制定された「経営革新計画」(中小企業新事業活動促進法に基づいています)。「経営革新計画」の申請・承認サポートをいたします。

無料で相談を承ります。お客様に応じた適切な支援プランをご提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。お電話によるお問い合わせは電話番号053-448-5505まで。お問い合わせフォームはこちら
無料で相談を承ります。お客様に応じた適切な支援プランをご提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。お電話によるお問い合わせは電話番号053-448-5505まで。お問い合わせフォームはこちら 0534485505 お問い合わせフォーム