「原価管理」をしましょう!

売上至上主義、利益至上主義はキケン

最近は、原油の高騰等による仕入原価の上昇や、借入金の金利の引上げで、中小企業にとっては厳しい経営環境が続いています。そのため、「売上をあげても利益がマイナス」、「思うような利幅が得られない」ということがおきてしまっています。

というのも、いくら売上が増加していても、それに対する原価がさらに増加していれば、結局利益は確保できないからです。ですから、「売上しか見ていない」「利益にしか興味がない」という状態は、危険なのです。

問題を発見するにはまず「原価管理」

「原価がどれくらいかかっているのか?」、すなわち「原価管理」ということが必要となります。

原価を常に意識することは、問題点を気付きやすくし、その問題への対策を講じやすくします。また原価管理をしていくうえで、さらに得意先別・部門別・商品別といったように、細分化し分析するところまでできれば、「採算性がとれているもの・いないもの」「自社における貢献度」も的確に把握することができます。

利益を確保し、経営状態を良好にしていくために、「原価管理」を行ってみてはいかがでしょうか?

まずはセミナーに参加してみませんか?

“いまさら聞けない”疑問にお答えいたします。税務、経営などに関するヤマダ会計グループオリジナルの講座・セミナー定期開催中!

セミナーバナー



税務・会計でお困りの方は、一度ご相談ください

まずは、お気軽にお電話ください。現場に強い税務会計の専門スタッフがお客様の御都合の良い時間・場所にてお話しをお伺いさせていただきます。また、必要となる資料や料金等についても丁寧に説明させていただきます。

税務会計バナー


無料で相談を承ります。お客様に応じた適切な支援プランをご提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。お電話によるお問い合わせは電話番号053-448-5505まで。お問い合わせフォームはこちら
無料で相談を承ります。お客様に応じた適切な支援プランをご提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。お電話によるお問い合わせは電話番号053-448-5505まで。お問い合わせフォームはこちら 0534485505 お問い合わせフォーム